【堀田 尚吾 / 理学療法士】多くの方の明日にちょっとした幸せを与える場所を提供したい!

【堀田 尚吾 / 理学療法士】多くの方の明日にちょっとした幸せを与える場所を提供したい!

堀田 尚吾(ほった しょうご)

理学療法士の資格取得後、回復期の病院に勤務。その後、脳卒中特化の施設で勤務。現在はベーカリーカフェ&整体サロン『HAND3』を運営しながら、自費の訪問リハビリにも取り組むなど多方面で活躍。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

理学療法士として回復期病棟、脳卒中特化施設での勤務を経てカフェと整体サロンの混合事業に至るまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

堀田さんFilmを覗いてみましょう。

理学療法士になろうと思ったきっかけを教えてください!

堀田 尚吾

自身の技術で患者さまの痛みを取ることができる仕事と知り、かっこいいと思ったからです!

私は大学生の頃、自転車競技部に所属していました。自転車競技は前傾姿勢なので腰を故障しやすく、私も腰に痛みを抱えながら選手生活を送っていたんです。

病院でリハビリを受けて、痛みがとれて動けるようになるまで回復しました。

初めて理学療法士という職種を知り、自身の技術だけで患者さまの痛みを取れる理学療法士が素直にかっこいいなと思ったんです。

当時は自分が理学療法士になろうとは全く考えておらず、一般企業を志望していました。

しかし内定もすでにいただいていたので気持ちに余裕があり、本当にやりたいことは何かと自分と見つめあった結果、理学療法士の仕事がおもしろそうだなと思ったんです。

その後専門学校を受験し合格したので、内定を断り専門学校に進学しました。

実際に現場に出てみてどうでしたか?

堀田 尚吾

思いどおりにいかないことも多く、リハビリの難しさを感じていました!

資格取得後、新卒で就職したのは回復期の病院でした。臨床1年目はリハビリの組み立て方が全く分からず、思っていた以上に苦戦して難しいなと思っていたんです。

セミナーや勉強会にも積極的に参加し、知識や技術を身につけたことで自信がつき、リハビリをおこなうことが好きになっていました。

ただ経験を積むなかで会議や病院内の委員会への参加などリハビリ以外の時間が増えていったんです。

6年目の頃には管理職に昇進し、現場から離れることも多くなっていました。

同時期に勉強会で知り合った先生から、脳卒中特化型のデイサービスの立ち上げに誘われたんです。

まだ現場でリハビリをやりたいという想いがあったことや、神経系や脳卒中に関するリハビリが好きだったこともあり、デイサービスや訪問自費リハビリの運営をおこなう会社に転職を決意しました。

現在の活動内容や活動を始めるきっかけを教えて下さい!

堀田 尚吾

家業を手伝うために帰郷したことがきっかけです!

デイサービスに転職して1年半が経った頃、身内が介護を必要とする状態になりました。

実家はベーカリーカフェというパンを提供するカフェを営んでいたのですが、家族全員でカフェを運営しながら介護もおこなうことになり、いつでも手助けできるよう会社を退職し帰郷することになったんです。

帰郷してからは会社員時代のお客さまからリハビリを続けてほしいと言われたので、自分で訪問リハビリをおこなっていました。

そのほかに老人保健施設やクリニック、または病院で働くことも検討していました。

ですが、訪問リハビリのお客さまから「若いんだからいろいろ自分でやってみたら?」と言われたことがあったんです。

実家も自営業をしていたことや兄と話しているなかで若いうちに共同で何かやってみようという話になりました。

そこで、ベーカリーカフェ&サロン『HAND3』をオープンし、カフェの一画に完全個室の予約制整体サロンを新設したカフェ×整体事業をスタートさせたんです。

堀田 尚吾 活動

現在午前中は訪問の自費リハビリ、午後はカフェ併設の整体サロンでボディケア、リフレなどのサービスを提供しています。

活動に対する想いを教えて下さい!

堀田 尚吾

少しでも幸せを提供したいという想いがあります!

ベーカリーカフェ×整体サロンという2つののサービスを1つの店舗で提供しているのですが、共通の目的として『あなたの明日をつくる』というコンセプトを掲げているんです。

ベーカリーカフェのパンは、次の日の朝食で「このパン美味しいわ」と幸せを感じられるような朝を迎えてもらうこと。

堀田 尚吾 想い

整体サロンでは施術を受けて、次の日の朝に「身体がちょっと楽だな」と思ってもらえるサービスを提供したいという想いで活動しています。

また訪問リハビリのほうでは、脳卒中に特化したリハビリをおこない、お客さまの要望に応えられるように努力しているんです。

カフェでの飲食業と国家資格を有した整体事業は、お客さまに対価を払っていただくにあたって自信を持って提供できるサービスだと自負しています。

今後の目標を教えてください!

堀田 尚吾

需要に応えられるような基盤を整えたいです!

独立して2年ほど経ったのですが、経営のほうは順調です。

さまざまなところで、今後の事業展開や未来像について話を聞かれるんですが、現段階では店舗展開のような明確な夢は持っていないんです。

多くの方からのご要望次第では、店舗展開にも挑戦するかもしれません。

ただ今は目の前の方々に向き合い、全力で貢献していくつもりです。

行動を起こしたからといって必ず報われるわけではありません

供給よりも需要が上回ったときに、すぐに行動できるような基盤を整えていくことが直近の目標ですね。

THERA- FILを通して伝えたいことはありますか?

堀田 尚吾

自分自身が何がやりたいかということにフォーカスしてほしいです!

理学療法士の方であれば、患者さまに寄り添うサポートや患者さまがちょっとでも改善する手助けをしてほしいです。

独立したいと思っているのであれば、独立したらいいと思いますし、理学療法士がやりたいのであれば病院で勤務するのもありだと思います。

ただすでに病院で勤務している方や学生の皆さんに共通して言えるのは、今後の選択肢を広げるためにも勉強は頑張っていたほうが良いということです。

国家資格がなければ医療機関での経験ができないので、一度は医療機関で働くことをおすすめします。

また勉強会に積極的に参加して、つながりを増やすことも大切です。実際に医療業界の外からお仕事のお話をいただくこともあります。

国家資格を取得したなら、今しかできないことを経験することをおすすめします。

また世の中には、多種多様な働き方があることを知ってほしいです。

 

error: Content is protected !!