【川田 真綺 / 理学療法士】介護美容で多くの方に元気と笑顔を届けたい!

【川田 真綺 / 理学療法士】介護美容で多くの方に元気と笑顔を届けたい!

川田 真綺(かわた まき)

理学療法士の資格取得後、4年間病院に勤務。担当患者さまとの出会いがきっかけとなり、介護美容に関心を持つ。病院勤務をしながら
介護美容の学校に通学し、卒業と同時に病院退職。現在はデイサービスと訪問リハに携わりながら、個人で介護美容の活動を広げている。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

病院勤務の理学療法士が介護美容に出会うまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

川田さんFilmを覗いてみましょう。

理学療法士になろうと思ったきっかけを教えてください!

川田 真綺

周りの方々を助ける仕事に就きたいと思ったからです!

小学、中学時代にバレーボールや剣道などの運動をおこなっていました。

骨折をすることが多かったんですが、周りの方に助けられていたんです。その経験が印象に残っており、私にとって非常に嬉しい出来事でした。

私も人を助けることができる仕事に就きたいと思い、仕事を探していたところリハビリに関連する仕事の存在を知り、興味を持ったんです。

運動してきた経験を生かしたいと思ったことや、運動を通して人を助けたい気持ちが強く、リハビリ関連職のなかでも理学療法士が1番私に適していると思い、理学療法士の道に進みました。

理学療法士になってから苦労したエピソードはありますか?

川田 真綺

人間関係の構築に苦労しました!

理学療法士としての病院勤務が想像以上に大変で、高校生のときの考えは甘かったなと痛感したんです。

1年目のときには、意見の違いから看護師と業務のことで揉めてしまったことがありました。

当時の私は自分の考えに固執していたので、他者の意見を取り入れる余裕もなかったんです。

患者さまのことを考えるがゆえに口調も強くなったことが揉めてしまった原因だったなと思います。

その経験から仕事をするうえで、やはり人間関係の構築が重要だと再認識したんです。

病院勤務では多くの方と関わるので苦労することも多々ありました。

ただ、さまざまな症状を抱える患者さまが回復していく経過を追うことができ、理学療法士になることができて良かったと思ったんです。

現在の事業に至るまでの経緯や内容を教えてください!

川田 真綺

患者さまとの出会いをきっかけに、介護美容の道へ進もうと決めました!

臨床2年目のときに担当した患者さまは、化粧が好きな方でした。

私が担当したときは2回目の入院だったんですが、1回目の入院のときにはリハビリのときにも化粧をされていたんです。

しかし、2回目の入院のときは全介助レベルまで機能レベルが低下しており、化粧を出来る段階ではありませんでした。

好きなことができないとはどういう感情になるのかと疑問が沸き起こり、理学療法士としてほかにできることがあるのではないかと考える最初のきっかけとなったんです。

ほかの患者さまでも、姿勢の確認の際に自分の姿を見たくないとの理由から鏡の前に立つことを拒否された経験がありました。

鏡を見て「しわくちゃだから化粧もしないし、ボロボロだわ」と自分に対してネガティブな発言をする方もいらっしゃいました。

その経験から理学療法士と美容を掛け合わせた仕事を探したときに、介護美容を見つけたんです。

自分のやりたいことはまさにこれだと思いましたし、担当患者さまやほかの方にもサービスを提供できると確信しました。

週1で介護美容の学校、週5日は病院勤務していたので大変でしたが、好きなことを学べていたので充実していましたよ。

介護美容の学校を卒業と同時に病院を退職し、病院以外の世界も見てみたい気持ちがあり、卒業する1年前から病院は辞めたいと考えていて。

正直、介護美容を施設や企業などで正社員として働き続けるか迷いましたが、自分の事業として本格的にやりたいと思い、個人事業主としての活動を始めたんです。

現在の具体的な事業内容を教えてください!

川田 真綺

デイサービスや施設で介護美容を提供しています!

現在は週4〜5日デイサービスと訪問リハビリで勤務しており、勤務先のデイサービスで介護美容を導入させていただきました。

川田 真綺 活動

具体的にはレクリエーションや運動などのサービスのなかで、介護美容を取り入れ、利用者さまに選んでいただいています。

個人の活動としては、施設に訪問して入所者の方々に対してのサービスや個別対応をおこなうなど、施設のニーズに合わせた介入をさせていただいています。

自分のやりたいことと施設の考えが異なると、適切なサービスを提供することができません。

私ができることとすり合わせながら、より良いものを提供できるよう今後も情報を共有させていただきたいと考えています。

今後の活動への想いや展望はありますか?

川田 真綺

高齢者や障がいのある方、その周りも含めて笑顔にしたいです!

病院で1人の方が悲しい顔でいると、その感情が周りの方まで伝播する様子を見てきました。

私の強みである笑顔を生かすことで、周りの方を明るくし、元気を与えられると考えているので、どんどん笑顔の輪を広げていくことが目標です。

川田 真綺 想い

将来的には、介護美容の仕事をメインとした活動をしたいと考えています。

理学療法士の仕事も好きなので、週に1日デイサービスや訪問リハで理学療法士の仕事をしながら、ほかの日に介護美容の仕事に携われる働き方をすることが理想です。

ほかにも全国に友人をつくりたいと考えており、各地で活躍されている方と一緒に仕事をしてみたいと考えています。

介護美容に関係なく、たとえばヨガや美容鍼などほかの分野とも介護美容を組み合わせていきたいです。

それによって多くの方にサービスを提供できるようになり、私も楽しんで取り組めると思います。

まずは介護美容の仕事量を増やせるよう、目の前のことに取り組んでいくつもりです。

THERA- FILを通して伝えたいことはありますか?

川田 真綺

人生一度きり!自分の好きなことを諦めないでほしい!

やりたいことは諦めないでほしいです。

私も固定概念に縛られている部分はありますが、やりたいことに取り組むためには固定概念を崩す必要があります。

視点を変えるだけで、今までの経験とこれからやりたいことがつながるんです。

理学療法士の資格も使い方や考え方次第で、違う角度から必要としている方にサービスを提供できる立場だと思っています。

元々、私も正社員で病院にずっと勤めるものだと思っていましたが、少し視点を変えただけで視野が広がり、今まで見ていた世界がガラッと変わってしまいました。

視点を変えるためにもやりたいことには挑戦してもらいたいですし、たくさんの方と関わる機会を増やして、諦めずに自分のやりたいことを貫けるセラピストが増えるといいなと思っています。

 

error: Content is protected !!