【ふくた りょう / 柔道整復師】セラピスト業界の発展に貢献したい!

【ふくた りょう / 柔道整復師】セラピスト業界の発展に貢献したい!

ふくた りょう(ふくた りょう)

柔道整復師の資格取得後、
接骨院や整形外科病院、スキー場に併設された接骨院で外傷への対応を中心に数多くの経験を積む。現在は東京で週に1度、整体サロンを運営しながら、所属する会社の事業の一環である整体スクールの開校に向けて日々活動中。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

資格取得からさまざまな現場を経験し、整体サロン運営や整体スクールの立ち上げに携わるまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

ふくたさんFilmを覗いてみましょう。

柔道整復師になろうと思ったきっかけを教えてください!

ふくた りょう

リハビリを受けて身体の仕組みに興味を持ったことがきっかけです!

学生時代に股関節のけがで整形外科に通院しており、リハビリで理学療法士の方にお世話になっていました。

当時の私は何の知識もなく、なぜリハビリで身体が改善するのか分かりませんでしたが、体調がみるみる良くなっていくことにとても感動したんです。

その経験から、次第に身体の仕組みに興味を持つようになり、セラピストになろうと決意しました。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士など多くの職種があるなかで、開業権があり幅広く活躍できそうな柔道整復師を目指しました。

実際に現場に出てみてどうでしたか?

ふくた りょう

毎日忙しかったですが、柔道整復師の仕事は楽しかったです!

資格取得後は、学校の講師の先生が運営されている接骨院に就職しました。

そこは何十年もの間、地域に根ざした医療を提供しており、地元の方々から愛されているような接骨院でした。

外傷の方がとても多くいらっしゃり、毎日早朝から深夜まで仕事に追われ疲れ果てていました。

ただ、一緒に頑張っている仲間がいてくれたことや柔道整復師の仕事自体は楽しかったので、いつか自分のためになると信じて仕事を続けられていたんだと思います。

今思えば、一番最初の職場が一番厳しい環境で、本当に良かったと思っています。

3年間勤務し、接骨院とは異なるアプローチを勉強したいと思い、整形外科病院に転職したんです。

知人からスキー場に併設されている接骨院での仕事を紹介され、整形外科病院を2年で退職しました。

スキー場での勤務は、12月の終わりから3月までの間の1シーズンでした。

骨折や脱臼の急患が来院されるので、技術を向上させたいセラピストにとって理想の現場だったなと思います。

私は、最初に就職した接骨院での多くの外傷をみていたので、その経験を活かすことができていました。

元々外傷をみることにやりがいを感じていたこともあり、毎日充実していてあっという間に時間が過ぎていきましたね

現在の活動内容や活動を始めるきっかけを教えてください!

ふくた りょう

会社で働きながらレンタルサロンで週に1回施術をおこなっています。

スキー場に併設された接骨院での活動終了後、自費診療中心の接骨院に転職したんです。

その接骨院では患者さまへの施術だけでなく、院長を任されていたのでスタッフ教育や院の管理などの仕事も担っていました。

約5年間接骨院で勤務し、多くの患者さまが来院してくださっていたんですが、私が退職することを決めた際に別の先生に引き継ぐ形で退職しようと考えていたんです。

しかし、患者さまから「引き続き先生に施術をしてほしい」と懇願されたんです。

患者さまの想いをむげにするわけにはいかないと思い、私の施術を希望してくださった方に対して東京都内のレンタルサロンで、週に1度施術をおこなう整体サロンを運営しています。

ふくた りょう 活動

正直なところ整体サロンを始めた当初は、3ヶ月ほどで患者さまが卒業できるように進めていくつもりでした。

ですが、お客さまが継続して通ってくださることや口コミで新規の方が増えたこともあり、現在も続けています。

『仕事もプライベートも充実する、美しい姿勢を保つ強いカラダを気持ち良く作る』というコンセプトを掲げています。

現在は、施術以外の日はある会社に所属し、整体スクール事業の立ち上げに携わっているんです。

整体スクールの立ち上げに向けて教材の制作をおこなっており、非常にやりがいを感じながら活動しています

活動に対する想いを教えてください!

ふくた りょう

セラピスト業界を発展させたいという想いがあります!

痛みにより顔をしかめて不機嫌になっていた患者さまが、施術によって身体が楽になり、笑顔になって帰っていく姿をみるのがとても好きなんです。

つらさが取れた患者さまは感謝の気持ちを伝えてくださり、その気持ちを受け取ったセラピスト側もとても幸せな気分になるのでやりがいを感じることができます。

一方で、未熟な技術や接客で施術がうまくいかなかった場合、患者さまとセラピストがお互いに気まずい思いをしてしまいます。

それが積み重なってしまうことで施術が嫌になって、セラピストをやめてしまう方もいるんです。

そんなやめていく若手セラピストが少なくなるように、セラピスト業界全体を発展させたいという想いで活動しています。

今後の目標を教えてください!

ふくた りょう

セラピストの研修をどんどんおこなっていきたいです!

整体スクールは元々やりたかったことの一つなんです。

患者さまの施術も大切ですが、セラピストの研修をやりたいという想いがあったので、今の会社に転職しました。

今後整体スクールを運営するにあたり、実際に整体での施術を経験しているほうが説得力もあり、講師としての権威性も生まれると考えてセラピストを続けていました。

お客さまは身体に不調が起きたとき、少しでもつらさを和らげようと最初の選択肢に安価なサービスを選ぶ傾向があると思います。

東京都内にもリラクゼーション施設が乱立しており、セラピストの技術力にも差があるというのが現状です。

技術力に差がある状況が変わらなければ、つらい思いをする方が今後も増えてしまうと考え、セラピストの技術力を向上させてサービスの底上げをしたいという想いがあります。

整体スクールはメインの活動としては、リラクゼーション施設などで働くセラピストの平均レベルを少しでも上げたいという想いがもとになっていることから、無国家資格者がおもな対象です。

もちろん、理学療法士や柔道整復師の方なども、有資格者用のコースとして充実させる予定なので大歓迎です。

THERA- FILを通して伝えたいことはありますか?

ふくた りょう

ラピストという仕事は素晴らしいということを伝えたいです!

新卒で現場に出た若手セラピストが、さまざまな理由からやめていく現状をなんとかしたいと思っています。

セラピストという仕事はつらいこともありますが、素晴らしい仕事です。

昔と違い、現在は理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師に関係なく働き方はたくさんありますし、病院で働くことだけがすべてではありません。

私は将来的に起業を考えているセラピストの応援をしていきたいとも考えています。

人が笑顔になる瞬間が好きなので、施術を通して人を笑顔にできたときはやりがいを感じます。

皆さんもセラピストという仕事にやりがいを見出すことができれば、セラピストが素晴らしい仕事だと気づけるはずです。

微力ですが、セラピスト業界の発展のためにお力添えできればと思っています。

 

error: Content is protected !!