【早栗 伸亮 / 柔道整復師】健康を維持できる身体づくりをサポートし、多くの方の人生を豊かにする!

【早栗 伸亮 / 柔道整復師】健康を維持できる身体づくりをサポートし、多くの方の人生を豊かにする!

早栗 伸亮(わさぐり しんすけ)

柔道整復師の資格取得後、整骨院勤務を経験し、独立後は整体院をオープン。現在は整体院4店舗とビジネスコミュニティを運営。
自身の経験や学生時代培った金融知識を武器に、心・身体・経済面の3要素が揃った形が健康であるという考えのもと、多くの方の健康づくりをサポートするために活動の幅を広げている。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

柔道整復師から整体院経営やビジネスコミュニティ運営までにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

早栗さんFilmを覗いてみましょう。

柔道整復師になろうと思ったきっかけを教えてください!

早栗 伸亮

家族が病気を患ったことがきっかけです!

中学生のときに、父がリストラに遭いました。

それから母が仕事を増やし生計を立てていましたが、今度は母が過労で入院し、がんであることが発覚したんです。

家族が病気を患ってしまったことで、当たり前だと思っていた日常がいつ壊れてもおかしくないことに気づかされました。

健康に生活することがいかに大事なことかを実感したことが、柔道整復師になろうと思ったきっかけの一つです。

家族は病院で治療を受けましたが、私は病気になって治療するより、病気になる前に健康であり続けることが大切だと思っています。

ですが、予防に気をつけている方はまだまだ少ないので、肩こりや腰痛などの身体の違和感や痛みを感じたタイミングで、予防の大切さを教育していこうと考えました。

だからこそ、柔道整復師が私には適していると感じたんです。

また、自分も学生時代に部活で身体を痛めて整骨院に通っていた経験があり、柔道整復師の方に仕事の話を聞いたり、見たりしていたので、柔道整復師を目指すことを決めました。

実際に柔道整復師になってみてどうでしたか?

早栗 伸亮

身体の施術だけでは不十分であることに気づかされました!

どれだけ施術をしても、再度来院された際には症状が戻っている患者さま、通い続けることで身体の不調をごまかしながら働いている患者さまがいることに、悔しさを感じていました。

そういった患者さまの根本の原因はストレスであることに気づいたんです。

肉体労働や長時間勤務、家庭環境などの患者さまを取り巻く環境から身体に受ける影響はとても大きいんです。

そこも含めて改善していかないと本当の意味で健康を提供できないのではないかと気づきました。

それ以降は、お金や仕事、人間関係などの根本的な原因となるストレスを減らすアプローチと細胞へのダメージ、炎症に対する施術で『本当の健康』を提供しています。

現在の活動について教えてください!

早栗 伸亮

整体院とビジネスコミュニティの運営をしています!

現在は、整体院4店舗とビジネスコミュニティをメインに活動しています。

早栗 伸亮 活動

私は学生の頃、金融教育とビジネスを学んでいました。

人生を変えていくために必要な知識や自分の身を守るための金融知識など、学校で学ばないことばかりでした。

決して勉強にかかる費用も安いわけではなく、整骨院とコンビニのダブルワークとハードな学校生活でしたが、そのおかげで今があると思っています。

柔道整復師の資格を取得後、整骨院に勤務しながら個人事業主として出張整体をおこない、退職後は独立して整体院を始めました。

法人化した後は2021年に2店舗目、2023年の7月には3店舗目をオープンすることができました。

現在は学生の頃に学んだ知識と当時教えてくださった方々に協力していただきながら、『医療の民主化』を目的としたビジネスコミュニティを運営しています。

店舗運営を通して苦労されたことや意識されていることはありますか?

早栗 伸亮

苦労したのはコロナ禍での店舗展開で、意識しているのは会社独自の色をあえてもたないことです!

店舗展開しようとしたタイミングで新型コロナウイルスが流行し、新規の患者さまの予約が入らないことが大変でしたね

緊急事態宣言が発令され、街に人が歩いていない状態だったので、患者さまからのご紹介やInstagramの活用によって地道に集客をしていきました

また、個人事業主として出張整体をしていたときにみていた患者さまも、実店舗に足を運んでくださっていたんです。

整体院を運営するうえで意識していることは、会社独自の色をあえてあまりもたないことです。

健康を損なわない身体づくりをするという目的を達成するための手段となる施術法や症状、病態の捉え方が先生によって違います。

私の知識や学んできた手技を共有するようにはしていますが、それをマニュアルにはしていません。

会社の運営としてはどの店舗でも、一定のレベルの施術が受けられるようにマニュアルとして体系化されたものを提供することになると思います。

しかしそれでは、ほかのセラピストがせっかく自身で身につけた知識や経験を十分に生かすことが難しくなります。

私たち施術者の目的は、患者さまを健康にすることで、そのための手段やアプローチはいくつあっても良いと考えているんです。

ですので私の会社では各施術者の強みを生かし、患者さま一人ひとりに合わせた施術を提供するようにしています。

活動に込められた想いを教えてください!

早栗 伸亮

健康が何より大事です!

多くの方の健康を守るためには、施術者が経済的な余裕と自身の人生を自分で切り開いていく力が最低限必要だと思っています。

そのためには、ビジネスや金融知識はおのずと必要になってくるのではないでしょうか。

実際に、私は父がリストラで収入がなくなり、母が病気で倒れるなどの経験をしたので特にそれを実感しているんです。

早栗 伸亮 想い

健康は心と身体、そして経済面を含めた3つの側面が満たされたうえで成り立つと気づくことができました。

それを教育し、総合的な健康を創ることが私の使命だと思って活動しています。

THERA- FILを通して伝えたいことはありますか?

早栗 伸亮

どうすれば目の前の方の人生を豊かにできるのかを考えられるセラピストが増えてほしいです!

セラピストのなかでも、健康という概念があやふやな方は多いと思います。

柔道整復師でいうと、悪くなったものをいかに自分の技術だけで元に戻すかという戦い方をするような方がとても多い印象があります・・・

もちろん、技術を追求することは重要です。

ただそれだけではなくその方の人生をどう豊かにするのか、悪くならないために自分ができることを最大限行うことが最も重要だと思っています。

だからこそ、身体だけでなく心や経済面などを総合的にサポートし、目の前の方の目標達成を支援できるのか考えられるセラピストが、今後求められる人材だと思います。

そのためにも、まずはセラピスト自身が『本当の健康』を手に入れることが大事です。

私のビジネスコミュニティでは、世界最高峰の医療・ビジネス・金融を学べる環境なので、まずはそこで身につけ、その知識を多くの方々に伝えていってもらえるように活動しています。

error: Content is protected !!