【鈴木 大介 / 柔道整復師】ヘルスケアを通して、地元の町おこしをしたい!

【鈴木 大介 / 柔道整復師】ヘルスケアを通して、地元の町おこしをしたい!

鈴木 大介(すずき だいすけ)

柔道整復師の資格取得後、整形外科クリニックや接骨院での勤務を経て開院。
フリーランスの柔道整復師として整骨院の業務サポートを行う傍ら
地元福島県郡山市の町おこしのために尽力。町を活性化するためにさまざまな職種のヘルスケアチームを結成し活動中。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

柔道整復師から地元の町おこし事業までにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

鈴木さんFilmを覗いてみましょう。

柔道整復師になろうと思ったきっかけを教えてください!

鈴木 大介

カイロプラクティックを受けたことがきっかけです!

私は学生時代、バレーボール部の強豪校に通っていました。バレーボール部に所属しており、ケガが多く病院や接骨院などでさまざまな治療をおこなっていたんですが、その場しのぎの治療ばかりであまり良くなりませんでした。

ですが、カイロプラクティックを用いた施術を受けたことでそのケガがすぐに治ったんです。この施術がきっかけで、医療業界に興味が湧きました。

当時、高校生で進学先を決定する際にバレーボールでの進学もできたのですが、学生時代の厳しいスポ根の指導に疑問を感じていました。

また、スポーツ医学を深く学びたいという想いがあったんです。

通っていた高校から内部進学できる大学に、柔道整復師や鍼灸師、理学療法士、スポーツドクターの資格を取ることができる学科がありました。環境面でも後押しされて最終的に開業権がある柔道整復師を選び、大学へ進むことを決めたんです。

大学在籍中は、柔道整復師の資格だけでなく高校のコーチや監督になることも考えて、高校の保健体育の教員免許も取得しました。

実際に現場に出てみてどうでしたか?

鈴木 大介

施術や研究などに追われ、多忙な日々を送っていました!

大学の恩師の強い勧めもあり、資格取得後に初めて勤務したのが整形外科クリニックだったんです。クリニックでは予診を取ることや準医療行為である骨折の整復、ギブス固定などさまざまな業務をおこなっていました。セラピストが少なかったので一日に100人ほど施術する日もあり、激務の日々を過ごしていたんです。

整形外科クリニックで4年ほど現場を経験し、大学の恩師が開院した接骨院に誘われて一緒に働くことになったんです。その接骨院は誰でも治すというのがコンセプトだったのでさまざまな経験や勉強ができましたね。

現場勤務のなかで浮かび上がった疑問に対して、文献などで明らかにされていないこともあり、これは自分で研究する必要性があるなと考え、休日を利用して大学で研究を行うなど多忙な日々を送っていました。

現在の事業について教えてください!

鈴木 大介

整体院を開院し、柔道整復師兼スポーツトレーナーとして活動しています!

整形外科クリニックと接骨院を経て臨床9年目に、当時はまだ珍しいフリーランスの柔道整復師として事業をスタートしました。開院のきっかけは、それまで実務を経験して知識や技術に自信がついてきたことで、あとは自分の頑張り次第だと考えたからです。

また同じ時期に、国家資格を持つ友人がどんどん開院し始めたんです。ただ、開院して間もない接骨院は資金もないので、一人接骨院としてスタートした友人もいて、運営に苦労していました。

そこで、私がフリーランスの柔道整復師として、保険診療だけでなく自費診療もできるように、ほかの接骨院のサポート業務をおこなっていました。

鈴木 大介 事業

現在は私自身も店舗をもち、地元の福島県郡山市で整体院を開院して、柔道整復師兼スポーツトレーナーとして活動しています。

活動に込めている想いを教えてください!

鈴木 大介

みんなが健康で居られるような社会を創りたいです!

整形外科クリニック勤務時代に、

「おじいちゃんおばあちゃんが体調が悪くて、家族で一緒に旅行に行けない・・・」

「子どもがケガをして、治療のために旅行が中止になった・・・」

「糖質を気にせず、家族一緒に食事を楽しみたい・・・」

という患者さまがたくさんいらっしゃいました。悩みを聞いていくなかで、病気やケガの治療中の方でも家族みんなで満足できるようにしたいと思ったんです。

鈴木 大介 想い

旅行先にそのような悩みを解決できる場所があれば、患者さまや地域にも観光客が来てお互いに良いことがあるのではないかと。それが実現できれば、身体の健康だけでなく心の健康も満たされ、家族であれば一人も欠けることなく楽しい時間や空間を共有することができます。

私の活動には誰一人欠けることなく健康でいられるような取りこぼしのない世界にしたいという想いがあります。

今後の目標を教えてください!

鈴木 大介

郡山市をヘルスケアの観点から盛り上げたいです!

以前から、地域の生産性をあげたいとずっと考えていました。

私の考えとして、町が弱って収益が下がってくるとだんだん町全体の元気が無くなり、人もその地域から出ていき、さらに町が弱るという悪循環が生まれると思うんです。

その問題を解決するために、町全体の健康意識を高めることで人々の仕事や活動のパフォーマンスをあげ、生産性を増やしてその地域が盛り上がってくると私は考えています。

鈴木 大介 目標

ヘルスケアの考え方をもとに、地元である福島県郡山市の町おこしと患者さまが抱えていた悩みを解決するために、チームを結成して活動しています。チームには柔道整復師や理学療法士などの医療職が在籍しており、ほか分野では弁護士や車屋など非常に多くの職種の方々が集まっているんです。

先ほど、ケガや病気で家族と旅行に行けなかった患者さまの話をしましたが、ヘルスケアチームの方々と協力して町おこしをしつつ、この問題を解決できると考えています。

有名な観光名所が少ない郡山市ですが、温泉がたくさんあるんです。これを利用して、足の動きが悪くて思うように歩けない方であれば、温泉に入ったあと理学療法士が関節可動域プログラムやマッサージをおこない、足の動きを改善したうえで家族と町を散策することなどもできます。

また、糖尿病の患者さまで家族とご飯を食べたいと思ったとしても食事制限により同じお店で食事を一緒に摂ることが難しい方であれば、郡山市の飲食店と協同して糖尿病対応食を提供するなどの取り組みをおこなっていきたいと考えています。

さまざまな職種の方々が集まることで、身体の不調を気にせず観光ができる町づくりを実現できるはずです。

今後の目標として、ヘルスケアをきっかけに県外のみならず海外から郡山市を訪れる方を増やしていきたいと考えています。

規模がかなり大きいですが、人が集まってくれさえすれば必ずできると私は信じています。

THERA-FILを見てくださる方へ伝えたいことはありますか?

鈴木 大介

志を高く持って、大きな視野で活動してほしいですね!

セラピストとして、もっと広い視野で仕事をしてほしいと思います。

身体の健康、会社の健康、街の健康という3点の健康セットが揃えば、みんなが満たされて幸せな状態を作れるはずです。

目の前の患者さまと向き合うことは大事ですが、直接関わらない患者さまやそのほかの方々にも貢献できるようなセラピストが増えてほしいと考えています。

私のように国家資格を持って町づくりに貢献してもいいですし、県や国などさらに大きな規模で考えて社会全体をもっと良くしたいという考えを持ってほしいと思っています。

セラピストとして、もっと志を高く持って活動していきましょう。

後々は、日本全国にこのような取り組みを普及していきたいので、もし興味がある方や、ぜひ一緒にやりたい方はご連絡お待ちしております。

まごいち整体院
error: Content is protected !!