【しょーたろー / 柔道整復師】施術の素晴らしさを広めて、業界の技術レベルを底上げしたい!

【しょーたろー / 柔道整復師】施術の素晴らしさを広めて、業界の技術レベルを底上げしたい!

しょーたろー

柔道整復師と鍼灸師の資格取得後、鍼灸接骨院に11年間勤務し、副院長も経験。
独立半年で予約1か月待ちとなり、現在は施術をおこなう傍らセミナー講師として
技術・接客指導もおこなっている。施術の素晴らしさを多くの方に広めたい
という想いを胸に勢力的に活動中。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

独立半年で予約1か月待ちとなり、セミナー講師活動に至るまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

しょーたろーさんFilmを覗いてみましょう。

柔道整復師になろうと思ったきっかけを教えてください!

しょーたろー

素晴らしい技術を持つ先生に憧れたからです!

私は、高校生のとき進路が特に決まっていなかったんです。当時、部活でテニスをしていたんですが、けがをして接骨院に通院していました。

接骨院の先生のイメージは、治療しながら楽しく患者さまと話せる仕事といった感じで、私もこのような仕事に就きたいと思い、柔道整復師になろうと決意しました。

柔道整復師の養成校に通っていたときは、柔道整復師のみ取得しようと考えていたんです。ただ、私が高校生のときに通院していた接骨院に治療技術がものすごく高い先生(以後、師匠と呼ぶ)が在籍しており、その師匠が柔道整復師と鍼灸師の資格を持っていたんですよ。

私が養成校を卒業したときに「柔道整復師だけではなく、鍼灸師も持っていたほうが絶対に治療の幅が広がるから取っておきなさい」と師匠から言われ、鍼灸師の資格も取得し、その師匠の接骨院に就職しました。

実際に勉強してみてどうでしたか??

しょーたろー

養成校での勉強は思い描いていた内容とは全く違いました

養成校に入るまでは、マッサージや治療技術などの実技を多く学ぶと思っていたんですが、解剖学や生理学、整形外科疾患などの座学がとても多く、これは全く予想していなかったです(笑)

接骨院で通院していたときの先生方が、患者さまと楽しく治療をおこなっていたので、実技に特化しているんだろうなというのが正直な印象でしたが、資格取得までに分厚い教科書を何冊も学んできた先生方だったんたなと思い、驚きましたね。

現場に出て苦労したことはありましたか?

しょーたろー

仕事を進めるための行動を考えるのが大変でした!

現場に出た当初は、患者さまと接するなかで、師匠からご指導いただくことが多くありました。良くないから指導が入っていたと思うんですが、何が良くなかったのかについては、はっきり言われなかったんです

師匠は感覚で指導する方だったので、指導されたことに対して何がダメなのかわからず、もう少し具体的に教えてほしいと質問をしても、ほしい回答をいただくことが少なかったんですよね。

また、自分の判断で行動すると指導されることもあったので、なかなか自分で判断して動けず大変だと感じることが多かったですね。このタイミングでお客さんを案内していいのか、どのように行動すれば師匠の仕事をサポートできるのかなど、師匠の仕事を円滑に進める動きができるようになるまで苦労しました。

具体的な指導がなかったので、このようなシチュエーションのときはこのように行動するというプロセスを、自分なりにすべて言語化したんです

その言語化が、後輩に指導する際は非常に役立ちました。師匠はこんなふうに考える方だからこうしたほうが良いという感じで具体的に伝えることができ、後輩たちの成長はとても早かったです。

接骨院では11〜12年間勤務していたのですが、そういった働きも認められて、最終的に副院長のポジションも任せていただきました。

独立に至ったきっかけはなんですか?

しょーたろー

新型コロナウイルスの流行がきっかけです!

勤務していた接骨院は、当然知識と技術があり、かつ接客も良いことに加えて低価格だったので、1日50人ほどの患者さまに来院していただけるほど人気の接骨院でした

ただ、2020年に新型コロナウイルスが流行して、患者さまが1日5人ほどに減ってしまったんです。

政府からの補助金の関係でお休みをいただくことが多くなり、売上の状況や経営企画も把握していたので、経営状況が厳しいことは分かっていました。そのとき初めて、会社って潰れる可能性があるというのが現実味を帯びてきて、この先どうしようかなと真剣に悩みました。

今までは会社に所属していてセラピストとしても肩書きとしても守られていたんです。実際に会社というハコがなくなった瞬間、副院長のポジションも無くなり、普通の柔道整復師・鍼灸師に戻ってしまう。

そう考えたときに、今のままじゃダメだと危機感を覚えたんです。自分で収入を得る手段を持たなければ、この先は生きていけないと思いました。

当時はまだ独立して失敗したとしても再雇用もしていただきやすい年齢だったので、このタイミングで独立するしかないと人生の舵を切りました。ただ会社を完全にやめていきなり独立するのはリスクが大きいと思ったので、どのようなサービスを提供すれば多くの方のニーズにマッチできるのかを探りながら、週末を利用して個人でも活動を始めました

しょーたろー 独立

接骨院の患者さまにそのまま私のサービスに移行していただくのではなく、自分でさまざまなところへ出向いて新規で営業するスタイルを取っていたんです。

特に集客に力を注いでいたわけではありませんが、治療を受けて下さった方の口コミで「彼の治療はすごいよ」という噂が広がり、次第にお客さまが来てくださるようになったという流れでしたね。

それから1年半の間、レンタルスペースを使って治療をし、勤務していた接骨院では副院長もおこなっていたので、患者さまや業務の引き継ぎなどを終えて、完全独立しました。

現在の活動について教えてください!

しょーたろー

治療家兼セミナー講師として活動しています!

施術は週に3日〜4日で一人1時間、一日あたり3人ほどおこなっています。接骨院で勤務していた頃は、五十肩や腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの疾患に多く介入していました。

疾患への治療は、身体に不調が出てからの対処になるので事後なんです。そのため、現在は自費で1か月に1回のペースで通っていただき、疾患への対応ではなく、自律神経系の不調を改善し、睡眠の質の改善や仕事のパフォーマンスを向上させるなどのメンテナンスを目的とした治療をおこなっています。

車が定期的に車検やオイル交換をおこなっておけば壊れにくいのと同じで、身体もそうだと思うんです。これは投資家で有名な大富豪のウォーレン・バフェットさんも「壊れちゃったら何もできないから壊れないようにする」とおっしゃっていました。

事前にメンテナンスをしっかりおこなうことができれば、身体が不調になりにく、仮に不調になったとしても改善までが早いと思います

私自身もパフォーマンスの向上のために、一人の人間としてメンテナンスを受けに行きます。これはメンテナンスの重要性を患者さまに訴える前に、自分自身がしっかりと体現したいという考えがあるからです。

メンテナンスをおこなう以外にも、体調を整えるために睡眠時間を確保することを徹底しています。

その理由は、単純に朝が苦手だからです。社員時代に睡眠時間6時間程度しか確保できていなかったことで、パフォーマンスを十分に発揮できていないなと思っていました。

大体の方は6時間寝れば全然問題ないでしょう。ただ私の場合は、夕方16時以降のほうが良いパフォーマンスを発揮できると感じていたので、現在はしっかり睡眠時間を確保するようにしています。

それからは自身の体力が120%の状態で施術を提供することが可能となりましたプロとして自身の身体の調子を整えたうえで患者さまに100%良いものを提供するべきだと考えていて、私にはこれが合っているんだと思います。

しょーたろー セミナー

現在施術以外の活動として、セミナー活動にも注力しています。

私自身、技術の上達にとても時間がかかったタイプなんです。自分が納得した施術を患者さまに提供できるまでに3年という時間を費やしました

多くの方に教えていただいたことを理解するまでに時間がかかり、悔しい思いや苦しい思いをたくさんしました。

身体で覚えるのが苦手で、言語化して覚えるほうが得意なんですよ。教えていただいた手技の感覚を一度言語化して理解するという流れで技術を習得していたので、とても時間がかかっていました。

ただ、言語化したものを後輩の育成に活用することができたので、後輩の成長はとても早かったですね。私が3年かかって習得したものを3か月というスピードで習得していましたよ。

私は教えることに自信があって、私と同じように技術の習得に時間を費やさないようにしてほしいという想いで、セミナー講師としての活動に取り組んでいます

セミナーの内容としては、技術指導がメインの全12回の講座で、1コマ分は接客の講座をおこなっています。

施術がどれほど良くても、相手の目線に立って物事を考えられるような接客ができていなければ、施術の価値を十分に提供できない。治療は良くても、接客でのちょっとした一言で筋性防御が入り、治療効果が落ちてしまうと意味が無くなってしまいます。

私も独立当初から技術や知識だけでなく、接客の部分は常に意識していて、独立半年で予約1か月待ちとなりました。やはりセラピストにとって接客は欠かせない基盤です。一人でも多くの方に結果を出せる治療家になってほしいと考えているので、接客の講座もおこなっています。

活動への想いを教えてください!

しょーたろー

施術の素晴らしさを広めたいです!

施術の素晴らしさを広めたいというのが私のなかで一番ですね。大手マッサージ店や鍼灸院もそうなんですけど、治療院によって技術レベルの差が大きいと思います。

しょーたろー 言語化

しっかりと治療で結果を出せて、真面目に頑張ってる方々が埋もれていることがとても悔しいんです。私とお会いしてくださった方は施術が凄いものだということを感じてくださっています。

セミナー講師に注力して私と同じくらいの技術を持った方を育て、その方々が各地で活動してくれたら施術家は素晴らしい仕事だということがさらに広まると思うんです。そのために今は、セミナー講師としても頑張っています。

活動やメディアを通して伝えたいことを教えてください!

しょーたろー

施術は少しのコツですぐに上手くなることを知って欲しいです!

正直、施術が上手でない方がとても多いんです。私もメンテナンス目的でさまざまな治療院に行った際は、自分の職業を伏せたうえで施術を受けます。

施術が上手な先生もいれば、まだまだ足りない先生もいらっしゃいます。ただそれは、ちょっとしたコツが分かってないだけで、30分ほど指導したら5倍くらい上手くなるんです。

施術って難しくないんですよね。

ちょっとした触り方が雑だったり、押し込むスピードや力を抜くスピードが早すぎたり。体重ではなく指や腕の力で押しているなどの改善点があっても、それを修正すればいいんです。一流の方がおこなっている技術をきちんと教われば、すぐに上手になります。

少しのポイントですぐに上手になるのにも関わらず、漫然とやってるから上手くならない。難しいことではないんですが、知らないからなかなか上手にならない方が本当にたくさんいらっしゃいます

だからこそ、30分だけでも教わるとすぐに上手くなることを知ってほしいですそれを一番伝えたいですね。

柔道整復師や鍼灸師、理学療法士などのセラピストのなかには、患者さまやお客さまが喜んでくれない、リピートしてくれないと悩んでいる方もいらっしゃると思います。そのようなセラピストには、少しの時間でも構わないので一度セミナーに来て欲しいです。

知らないだけで患者さまの満足度を上げられていないことを知ってほしいです。本当にすぐ変わるんですよ

そして施術の素晴らしさを広めて欲しい。そう思っています。

\しょーたろーさんのYouTubeはこちら↓/

 

error: Content is protected !!