【品川 剛基 / 理学療法士】豊富な知識と技術で多くの方を支援したい!

【品川 剛基 / 理学療法士】豊富な知識と技術で多くの方を支援したい!

品川 剛基(しながわ こうき)

理学療法士の資格取得後、自己研鑽を続けながら現場勤務。
自身のボディメイク理論をもとに理学療法士の専門知識を生かした
パーソナルトレーナー業と現場のダブルワークを行う。プロアマ問わずアスリートやクライアントの支援をしたいという想いを胸に活動中。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

資格取得から臨床現場とトレーナー事業のダブルワークに至るまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

品川さんFilmを覗いてみましょう。

理学療法士になろうと思ったきっかけを教えてください!

品川 剛基

人体に興味があったことやケガを機に治療を受けたことがきっかけです!

高校生の頃、サッカー部に所属していました。当時からプロテインやサプリメント、筋トレなど身体をつくることに興味があったんです。

ケガで右膝の半月板を損傷しその治療で整体に行っていたことも理学療法士になるきっかけの一つでした。

実は、大学に入学した後に理学療法士に開業権がないことを知って、かなりショックを受けたんです。当時から独立したいと思っていましたが、まあ仕方ないなと潔く諦めました。

大学1年目は、キャンパスライフを謳歌していました。社会を生きていくうえで必要な術を学んだのもその時期で、そのときの経験が、現在でも役に立っています。

大学2年生の頃からは、本気で勉強に打ち込みました。

高校生までの間に学んでいた国語や数学などの勉強はつまらなかったんですが、元々興味のあった理学療法分野の勉強は楽しく、成績上位で卒業することができたんです。

実際に現場に出てみてどうでしたか?

品川 剛基

早く一人前になりたいと思って、日々自己研鑽していました!

理学療法士の資格を取得してからは、早く一人前になりたいという想いでいっぱいでした。

現場の先輩にも私の熱意が伝わって、熱心に指導してくれることがありがたかったですね。

週末も積極的に、勉強会に参加して勉強をしていました。

私の頑張りを認めてくれる方もたくさんいたので、臨床に関する勉強に本気で取り組むことができていたと感謝しています。

現場に出て3年目で管理職になるチャンスをいただき、同級生でも誰もやっていなかったので、やってやるという気持ちで挑戦しました。

しかし、管理職の仕事は事務作業ばかりで私のやりたかった現場仕事が全くできなくなったんです。

正直私には向いていないなと気づかされ、このままでは理学療法士としてダメになってしまうという感情が強くなり、現場の仕事ができる違う職場に転職をしました。

現在の事業について教えてください!

品川 剛基

理学療法士とパーソナルトレーナー業のダブルワークです!

管理職時代からのストレスが原因でお酒に走った結果、だらしない体型になってしまいました。

そこで一念発起してジムに通ってダイエットを始めることにしたんです。そのダイエットが、現在おこなっているトレーナー業を始めるきっかけとなりました。

ダイエットからボディメイクにも興味を持ち、大会に出場できたんです。

入賞することができたことで、この経験を生かしたいと思ったことや通っていたジムの担当トレーナーの勧めもあり、私もトレーナーとしての活動を始めることにしました。

品川 剛基 トレーナー

初めはジムの既存会員さんとの合同トレーニングからスタートしました。その後、口コミや営業活動が功を奏して新規のお客さまから個別でお仕事をいただけるようになったんです。

トレーナーとしての指導方法は、クライアントのニーズに合わせてさまざまです。

最も多いのは、健康のためにダイエットをしたいというものです。ほかにはボディメイク競技に出場される方やプロのアスリートの指導もおこなったこともありました。

しかし事業が軌道に乗り始めたタイミングで新型コロナが流行し、対面でのトレーニングが難しくなりました。

そこでコロナ禍でもできることとして、オンラインを使ったトレーニング指導を始めたんです。それがかなり好評で自分の自信となり、実績を積むことができました。

今まで理学療法士として積み上げてきた経験や技術、多くの知識を生かし他には負けない価値を提供できていると考えています。

ただ、トレーナー業を開始したあとでも理学療法士としての知識や技量が下がることが怖かったんです。

なので、臨床現場での勤務を辞めずに今後も理学療法士としての仕事を続けたいと考えています。

今後の目標について教えてください!

品川 剛基

プロアスリートの支援を通して、感動を生むサポートをしたいです!

今後どうなりたいのかはっきりしていないので、まず目の前の一人ひとりの患者さまやクライアントを良くしていくことが私のミッションだと考えています。

今おこなってみたいと強く思っているのがプロアスリートのサポートです。

オリンピックやサッカーのワールドカップ、野球のWBCなどスポーツは人々に大きな感動を与えると思っています。

今後は、アスリートの支援を通して間接的にでもその感動を与えることに関わってみたいという想いがあります。

また、これからは時間と収入のバランスを考えたいと思っています。

事業収入は、自分の頑張り次第で収入を増やすことができます。今後は臨床現場での勤務日数を調整して、自身の事業を軸として活動していきたいと思っています。

THERA-FILを通して伝えたいことはありますか?

品川 剛基

きっかけや理想を忘れないでいてほしい!

セラピストとしての在り方を考えてほしいです。

なぜセラピストになろうと思ったのか、どんなセラピストになりたいかということを忘れないでいてほしいと思っています。

私は管理職のときに改めて臨床現場の仕事が大好きなんだと感じたんです。

私と同じような想いをしないためにも皆さんには初心や信念を忘れないでいてほしいと思います。

また私の場合は、理学療法士とパーソナルトレーナーのダブルワークですが、今の時代だからこそ世の中にはいろいろな働き方があるというのを知ってほしいです。

そして、さまざまなことに挑戦してほしいです。

理学療法士としての仕事がおこなえているのは資格を取得できたからですが、それまでには大学または専門学校などに通い、国家試験に合格しなければなりません。

だからこそ学費や生活面で支援してくれた家族への感謝を忘れないでほしいです。

今一度、自分の考えを見つめなおし、周囲への感謝を忘れずにやるべきことに全力で取り組みましょう。

error: Content is protected !!