【木村 凌 / 理学療法士】知識と技術を生かして、病院外で活動する理学療法士を増やしたい!

【木村 凌 / 理学療法士】知識と技術を活かして、病院外で活動する理学療法士を増やしたい!

木村 凌(きむら りょう)

理学療法士の資格取得後、整形外科クリニックに2年半勤務。
現在は美容サロンやプライベートサウナ、化粧品、保険外看護などの事業を経営。私を必要としてくれている方を救いたいという想いで活躍中。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

理学療法士として勤務し、整体院開業を経て複数事業を展開するまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

木村さんFilmを覗いてみましょう。

理学療法士になろうと思ったきっかけを教えてください!

木村 凌

高校時代にケガをして理学療法士の方に救われたからです!

私は、小学生の頃から野球に打ち込みよくケガをしていたんですが、高校時代に重度の肉離れを起こしてしまったんです。

整形外科に通院し、初めて理学療法士の方から施術を受けたんです。

甲子園への出場を目指す最後の1年であったのにも関わらず、ケガの影響で試合でもうまくいかないことが多く、とても悔しい思いをしていた時期でした。

そのような状態の私に対して、理学療法士の方が身体だけでなく精神的なサポートもしてくださり、とても救われたんです。

それがきっかけで、ケガをしたときよりも良い状態にすることができれば、スポーツで結果が出ず悔しい想いをする方を減らすことができる。

かつパフォーマンスが向上した状態で復帰させてあげられるのではないかという考えが生まれたんです。

そこで整形外科で勤務し、ケガをした方の施術をする仕事に携わりたいと思うようになり、理学療法士を目指しました。

理学療法士になってみてどうでしたか?

木村 凌

当初に描いていたイメージ通りでしたね!

私が通っていた専門学校では病院に就職する方が多かったのですが、どうしてもスポーツ分野に携わりたかったので、私は整形外科クリニックに就職しました。

理学療法士として勤務を始めてすぐに、患者さまを担当することができ、就職前から早く施術したいと考えていたくらいで、イメージとのギャップを感じることはあまりありませんでした。

ただ学生時代には、スポーツ分野に関する勉強をする機会が少なく、学校の勉強と臨床のつながりを感じることはなかったですね。

就職してからは活動の一環として、野球のトレーナーとして活動していたり、甲子園の裏方の経験があったことが理由でプロ野球選手を担当していたりした時期もあったんです。

また、就職して1〜2年目のときに東京オリンピックの開催が決まったので、まずそこで理学療法士として活動した後に独立をしようと考えていました。

ただスポーツ業界でのセラピスト界隈は、アスリートを救いたいというより有名な選手と関わりたいといった動機で参入する方が多かったと記憶しています。

本来の目的から逸れたことをする方も一定数いることを知り、スポーツ業界の現実を目の当たりにしました。

現在の事業を始めた経緯を教えてください!

木村 凌

施術を受けたいのに受けられない方を救いたいと思ったからです!

スポーツ業界の現実を知ったことにより、スポーツ選手を救うという自分の目標がなくなったような気がしました。

整形外科クリニックで勤務するなかで、診療時間以降の時間帯に通院したい方が大勢いることを知り、次第にそのような方々を救いたいと思うようになりました。

夜遅い時間の場合、身体を整えたいと思ったとしても受けられるのはマッサージしかありません。

知識や技術のある理学療法士が、夜遅くしか行けない方々を救える環境を創るために独立したいという気持ちが芽生えました。

ただ2年目の頃だったので、自分の腕に自信がなく東京で腕を磨いてから独立しようかと迷っていました。

当時は、仕事を辞めるという旨を書いてFacebookに投稿していて、以前から交流のあったある社長がその投稿を見て声をかけてくださったんです。

独立するならその社長のもとで経営の勉強をしようと思い、その方が経営されていた訪問看護ステーションで働き始めました。

当時は、現場で働きながら管理業務もおこなっており、事務所で寝泊まりするなどかなりハードな働き方をしていましたが、経験値を積むことができたと感じています。

人材教育に力を入れている会社だったこともあり、経営のやり方というよりは人の在り方や理念に関して学ぶことができたので、その学びが現在にも生かせていると思います。

現在おこなっている事業について教えてください!

木村 凌

健康に関するさまざまな事業に取り組んでいます!

私が独立当初からおこなっているのが、整体事業です。現在『THE ROOTS』というサロンを運営しており、整体だけでなく小顔矯正や美容鍼などの美容に関するサービスを提供しています。

予約制で24時間営業しているので、遅くまで仕事をされている方でも施術を受けられるようになっています。

木村 凌 独立

高評価をいただいているブライダルエステは、お客さまに必要なサービスをすべて網羅しているんです。

目的別にいろいろなサロンに行く必要なく、当サロンで完結することができるのが特徴です。

ほかにもスキンケアや小顔矯正を提供している美容サロン、完全個室サウナなどさまざまな事業をおこなっており、多種多様な悩みや疑問を解決したいという考えで経営しています。

店舗運営だけでなく、自社製品の販売やコンサルティングなどにも尽力しています。

事業に込めている想いや今後の展望を教えてください!

木村 凌

自分が成長して人助けを続けられる人生を歩んでみたいです!

私は何か自分がやりたいからではなく、人から求められたからこそやりたいと思えるんです。

人が喜ぶことが自分の喜びだと感じているので、私自身が事業に取り組むうえでとても大事にしています。

夜遅くまで対応するのも、お客さまに必要とされているからなんです。

整形外科クリニックで勤務していたときの経験が一番の根底にあるので、仕事を頑張って帰宅が遅くなり、整体に行けないような方の対応も、遅い時間でも全力で行います。

私を必要としてくれている方を救いたいという想いが強いですね。

木村 凌 想い

今後はさまざまな事業展開も考えていますが、結局はお客さまが求めていることをやりたいという考えがあるので、時の流れによって変わっていくと思います。

たとえば、整体100店舗出すと目標を掲げたとしても、50年後にはセラピストがロボットに変わって需要がなくなるかもしれないので、そのような具体的な目標は設定していません。

どちらかというと、その時代に合ったものを提供し続けられるような人でありたいなと思います。

さまざまな事業を展開して自分もさらに成長し、人助けを続けられる人生を歩みたいですね。

また、自分の活動や事業が誰かの背中を押して、誰かの幸せや夢の第一歩を踏み出すきっかけになってほしいという想いがあります。

なので、いろんなことに挑戦していきます。

THERA-FILを通して伝えたいことはありますか?

木村 凌

理学療法士が病院外でも活躍できることを知ってほしいです!

現在、私は病院以外の活動がメインとなっていますが、そこで強く思うのは本当に病院がすべてではないということです。

病院外でも困っている方がたくさんいるということを知ってほしいですね。

そして、理学療法士などの医療分野の国家資格を持ってる方は、そのような方々を救える知識や技術があることを知ってほしい

実は現在、美容業界にも参入しています。

エステの方や美容機器メーカーの方からの依頼で機器開発やサロン向けのメソッド開発などに携わっており、その際に理学療法士としての知識量に価値を感じていただけることが多いんです。

理学療法士は化粧品の使い方や機械の当て方など、どうすれば一番お肌に良い影響が与えられるかなどを解剖学や生理学なども踏まえて説明できます。

このように、病院以外でも理学療法士の知識や技術を生かすことができると実感しています。

身の回りのご縁がある方々を幸せにし、一人の人間として世の中の発展に貢献し続けるために、ともに切磋琢磨していきましょう。

  

error: Content is protected !!