【白瀬 瑞歩 / 理学療法士】「母親が我慢しない」社会を創りたい!

【白瀬 瑞歩 / 理学療法士】「母親が我慢しない」環境を創りたい!

白瀬瑞歩

資格を取得後、総合病院に就職。5年勤め、自身の結婚や妊娠を機に退職。その後、個人で産後ケアの活動を始め、生まれてから1歳前後までのお子さんの頭部のゆがみのケア、産前産後のお母様や妊娠・出産を経験する女性に対して身体や心のケアをメインに活動している。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

理学療法士から産前産後セラピストとして活動に至るまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

白瀬さんFilmを覗いてみましょう。

理学療法士になろうと思ったきっかけ

白瀬 瑞歩

結構多いと思うんですが、学生時代にケガをしたのがきっかけです!

小学生のときからバレーをやっていたのですが、高校生で腰を痛めてしまい、整骨院によく通っていたんです。

病名がつくほどひどい症状ではなく、腰椎ヘルニアの予備軍のような感じです。

高校3年生になって、進路を決めないといけないというときに、スポーツしている子のサポートをしたいと思うようになりました。

ですが当時の私は、医療職は医師以外に看護師しか知らなくて、あと知っているといえば医療職ではないですが、トレーナーくらいでした。

たまたま整骨院の先生と進路の話をしていたときに、トレーナーに似ている医療職で、理学療法士の存在を知りました。

「身体のことをすごく勉強するから詳しくなれるし、スポーツ選手も見れるから理学療法士でもいいんじゃない?」と進路相談の先生に言われて、その後自分でも理学療法士について調べました。

調べれば調べるほどこの仕事おもしろそうと興味が湧いたのが決め手です。

実際に理学療法士になってみてどうでしたか?

白瀬 瑞歩

やりがいはあったんですが、いろんな意味でギャップを感じました!

学生の頃は勉強も実習も正直きつかったんですが、なんとか理学療法士として現場に出ることができました。

ただ実際に現場に出てみると、学生時代の勉強や実習で学んだ知識や経験が全く通用しなかったんですよね。

職場の先輩や患者さまから学場せていただいたことがすごく多くて、そこでギャップを感じましたね。

学生のときに学んだものってたしかに必要なことだと思うんですが、ほんの一部だったんだなという感覚になりました。

仕事自体は患者さまには感謝していただけるしやりがいもあって、理学療法士になってよかったなとは思っていたんです。

ただやはり病院に入ってしまうと自分がやりたいことではなく、病院の方針などでやるべきことが決まっていたので、そこでもギャップがありました。

現在の活動のきっかけを教えて教えてください!

白瀬 瑞歩

いろいろなことが重なったのがきっかけですね!

理学療法士として就職して1年目は病棟で働いていたんですが、2年目から外来に移りました。私自身希望していた外来だったので、すごく興味があったんです。

ただ、理学療法士として4年目に入ったときに、自分自身のなかで迷いが出てきました。

認定理学療法士を取るのか、このままこの職場で働くのか、それとももっとスポーツに関われる環境に転職するのか悩むようになって5年目が終わるタイミングで外来が閉院になってしまったんです。

理学療法士6年目になる前に閉院が決まって、病棟に戻ったら外来の時と比べてあまりにも刺激がなさ過ぎたのが正直なところです。

こんな気持ちでは患者様に向き合えない。ここでやめないと駄目だろうなと思いました。

また、私自身のプライベートでちょうど「結婚」という転機があり、立て続けに「妊娠」がわかったので理学療法士をいったん離れる決意をしました。

その後出産を経験して、体と心の変化が大きくて、自分自身が思っていたよりしんどかったんですよね。

結婚や妊娠、出産など女性は多くの転機を経験します。そんななか相談できる場所が全然ありませんでした。当時はコロナで保健所への相談も難しくて・・・

白瀬 瑞歩 産前産後ケア

そういったことがきっかけで、私と同じように辛い思いをしている方を救いたいという想いが強くなりました。

そして相談できる場所が無いなら自分が作ってしまえと思って産前産後ケアの活動を始めました。

産後ケアでは、生まれてから1歳前後までのお子さんの頭部のゆがみのケア、産前産後のお母様や妊娠・出産を経験する女性に対して体や心のケアをメインにおこなっています。

現在の活動にどんな想いがありますか?

白瀬 瑞歩

お母様に我慢をさせたくないという想いがあります!

私自身コロナ禍での妊娠だったのでどうしても人に会えず、誰にも頼れませんでした。初めての子育てだったので右も左もわからないし、不安がたくさんありました。

きっとほかのお母様がたもそうだと思うんです。

だからこそ、それが間違いじゃないということをわかってほしい。それに母親が元気じゃないと子どもは元気ではいられないよということをわかってほしい。

母親が不安や我慢して、それが原因でイライラしたりきつい思いをしていたりすると、そういった部分を子供はすごく感じます。

そしてそんなときに限ってわざと子供は悪いことをしたり怒られるようなことをしたりする子がすごく多いんですよ。

白瀬 瑞歩 活動

お母様がたに後悔はしてほしくない。我慢をしてほしくない。

なので、お母様がたが我慢しなくて済む環境を作りたいと思って、今の産後ケアの活動をおこなっております。

日常生活できついな・・・辛いな・・・と思ってほしくないんです。そんな気持ちだと日常生活を送ることさえままなりません。

なのでそういった気持ちを私が解消し、日常生活で+αで楽しんでもらえるように、より一層取り組んでいきます。

今後の目標はありますか?

白瀬 瑞歩

店舗を構えていつでもお母様がたが来れるような環境を作りたいです!

現状は、自宅サロンとしてだったり出張サロンとしてだったりがメインになっているので、しっかり店舗を構えていつでもお母様がたが来れるような環境を作りたいと思っています。

また、鹿児島に住んでいるんですけど、やっぱり全国各地に飛び回ってたくさんのお母様がたをサポートしたいという想いがあるんです。

なので今後形として実現できるように、今必要なことを逆算してしっかり行動していきたいと思っています。

どちらかというと私の性格的に組織の中に居られない人間なので、自分一人でやりたいんです。

もし私に賛同してついてきてくださる方がいらっしゃるなら、上下関係なく横並びで一緒に頑張れる組織にしたいですね。

THERA-FILを通して伝えたいことはありますか?

白瀬 瑞歩

結婚や妊娠、出産が理由でいろいろなことを諦めないでほしいと伝えたいです!

これから医療国家資格を取得する学生の方や今働いている医療従事者で病院しか選択肢がないと思われている方が多いと思います。

なかでも女性は、私と同じように結婚や妊娠、出産を経験するでしょう。それが理由でいろいろなことをあきらめて欲しくない。

旦那様やパートナーに我慢する必要はありませんし、むしろ応援してくれるような相手を選んでほしい。

相手としっかりお話をしながら自分のやりたいことをやっていってほしい。

そう思っています。

一般の女性の皆様にはどんな些細なことでも、打ち明けてほしいと思います。その人にとってそれが悩みならすべて悩みで、どんなことでも打ち明けたら恥ずかしいということはありません。

むしろ今の時代は、積極的に自身の周りに発信することで、絶対助けになってくれる方がいることをわかってほしいです。

私もできるだけ多くの方の支えになれるように、これからもっと規模を大きくしていきます。

女性の皆さん、諦めずに一緒に頑張りましょう。

error: Content is protected !!