【SUZU / 理学療法士】自分らしく生きることを体現して、選択肢を増やすきっかけになりたい!

【SUZU / 理学療法士】自分らしく生きることを体現して、選択肢を増やすきっかけになりたい!

SUZU

理学療法士の資格を取得後、大手リハビリ専門病院に就職。現在は現役モデルとして活躍しながら、『一般社団法人日本grow wellness協会』の代表を務め、健康・医療・介護・美容関連で企業や団体向けの講師や個人向けに身体を整える施術や運動指導をおこなう。事業や活動を通して”自分らしく生きる”を体現している。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

理学療法士から理学療法士兼経営者兼プロモデルとして活躍するに至るまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

SUZUさんFilmを覗いてみましょう。

理学療法士になろうと思ったきっかけを教えてください!

SUZU

学生の頃にバレーボールでケガをしたのがきっかけです!

私は小中高大とずっとバレーボールをしていました。高校生のときにバレーどころか日常生活も辛いほど重い腰のケガをしてしまい、理学療法士の方にお世話になったんです。

理学療法士の方のおかげで、無事選手として試合に出るまで復活でき、全国大会にも行けました。

それが理由で理学療法士という職業はなんて素晴らしい仕事なんだろうと思ったんです。

当時進路を決める段階で、担任の先生から「人生は一度きりだし、大学でもバレーはできるから大学へいったらどう?」と提案していただきました。

そこで大学で何を学ぼうかと考えた結果、理学療法士という答えが出たんです。

その後進学した大学は福祉寄りの大学だったので、在学中からボランティアや地域の高齢者の健康維持・増進などの活動を経験できました。

理学療法士を目指した入り口はスポーツだったんですが、一般の方が健康な状態で生活が送れるように自分にできることをやりたいなという想いが強くなりました。

実際に現場に出てみてどうでしたか?

SUZU

すごく楽しかったですね。同時に責任感も感じました!

私はそもそも理学療法士の仕事が好きなんだなと実感しました。

人の身体に触れ、その方が良い方向に変わっていくのを一番近くで見れることが楽しくて。

それに加え、その方が笑顔になって帰ってくれたり、数か月後に再診で病院にきて話したりと元気に生活できてるんだというのがすごく嬉しかったんですよね。

すごいやりがいのある仕事だなと思っていました。

私が就職した病院が、研究や学会発表を積極的におこなっている大きな病院だったので、すごく貴重な経験をさせていただきましたね。

いろいろな勉強会に参加したり、理学療法士の先輩にビシバシ指導していただいたり。

私にとってすごく学びの多い臨床で、すごく良い経験ができて良かったなと思います。

現在の事業に至るまでの経緯を教えてください!

SUZU

目の前のことに向き合っていたら、気づいたら事業になっていました!

理学療法士の仕事はすごく楽しかったんですが、私のやりたいゴールはそこじゃなかったんです。

もっと地域の方に対して私には何ができるかなというのを改めて考え、起業したいという想いが強くなり、病院を2年弱で退職して訪問看護に転職しました。

訪問看護に転職して、非常勤として週に4日勤務に切り替えたんです。それから空いた時間を、起業するための情報収集のため経営者セミナーや異業種交流会に積極的に参加しました。

私と同じ医療の職種で独立されている方について行ったり、その方がおこなっている仕事を手伝わせていただいたりもしていたんです。

そんなあるとき、法人向けに健康についての講義をおこなっている方がいらっしゃり、その方から「やる気があるなら講義をやってみる?」というお声をいただいたんですよ。

それがすべての始まりでしたね。

それから講義させていただいた法人の役員の方や部署の方から、身体について相談を受けるようになりました。

それにアドバイスなどをしていたら「身体を見てほしい」とお願いされるようになり。それがリピーターになってくださり、途中からお金をいただくようになり、紹介でお客さまが増えたり。

気づいたら一つの事業としてまわりはじめちゃったんです。本当に自然な流れだったんですよね。

それから少しずつ事業として動き始めて、訪問看護の勤務日数を徐々に減らしていきました。

1年ほど訪問看護に勤めていたんですが、途中からデイケアに移動して最後のほうでは週に3時間ほどしか勤務していなかったんです。それ以外の時間はすべて自身の事業に使っていましたね。

最終的に非常勤もやめて、自身の事業だけに絞ることを決心しました。

また、講師として活動するなかでモデルとしてスカウトしていただき、自身のブランディングや人脈を広げる意味でもモデル活動も開始したんです。

現在の事業について教えてください!

SUZU

プライベートサロン経営やプロモデル、そのほか複数の事業をおこなっています!

現在は『一般社団法人日本grow wellnedd協会』の代表として、プライベートサロン『grow welllness』を経営しながら、プロモデルとして海外をメインに活動しています。

また、資格発行スクールの運営や理学療法士の独立支援などを展開するために動いているところです。

grow welllnessでは健康・医療・介護・美容関連で起業や団体向けの講師業をおこなっており、個人向けに身体を整える施術や運動指導をおこなっています。

ただ現在はモデルとしての活動が海外に拠点を置いているので、新規のお客さまは完全紹介性にしていて私が日本にいる間だけリピーターさま限定で施術をおこなっています。

SUZU モデル

モデルとして活動するなかでウォーキングを学んでいたんですが、理学療法士としての視点で考える機会がありました。

医療の学校で学ぶ歩行指導だけでなく、モデルの歩き方から学んだ歩き方や姿勢の作り方などを取り入れたらより良い指導ができるのではないかと思い、ウォーキング指導のメニューを作りました。

実際にそのメニューで指導し、お客さまのデータを追うとびっくりするほど成果が出たんですよ。私自身もモデル業をやりだして肩こりや腰痛が改善しました。

それからはそのメニューでモデルの方々だけでなく、ウォーキングを通して健康や予防を目的に一般の方に対しても指導をおこなっています。

日常の運動指導などもおこなうんですが、結局のところ朝起きて職場に行って仕事して帰宅するという日常のリアルのその姿勢や歩き方の部分に介入するといった感じですね。

やっぱり座る・立つ・歩くという動作で日常が成り立っているので、その基盤を整えることによって予防できることはたくさんあると思うんですよね。

そのほかでも動いていることがあって。

独自のセラピストとしての資格を発行して、今よりももっとセラピストが活躍できる環境を創ろうと動いているところなんですが、そのウォーキング指導のメニューも組み込む予定なんです。

一般の理学療法士では学べないような内容になっています。

ただ私が今おこなっている事業や活動は、あくまでも手段です。私のなかでの健康は、”自分らしく生きる”なんですよね。それを体現するための手段として、今の活動があります。

今後の目標を教えてください!

SUZU

今新しいプロジェクトを始めています!

今新しいプロジェクトで動いていて、その一つが『結プロジェクト』です。

日本の方々と世界の方々を結ぶという事業なのですが、今まで知らなかった言葉や考え、価値観などを知ってもらう。

それによって、自分らしく生きる選択肢が増えてくれると良いなという想いで動き始めました。やっぱり知らないと選択肢は増えないし、何をして良いのかわからないと思うんです。

SUZU 海外

私は海外に行って、自分が知ってる世界はすごく狭かったんだなと感じました。生きるために良い意味で枠が外れていったんです。

そういったことを多くの方に体感してもらうために、2023年の4月から結プロジェクトを立ち上げました。

その一環として、日本中の方々と世界中の方々をファッションで繋ごうというのもおこなっています。

そのプロジェクトでは、服作りに誰でも自由に参加してもらって、デザインが完成した服を一つのブランドとして2023年9月24日のミラノコレクションにブランド側として出店をするんです。

ブランドのデザインをみんなで完成させるというふうにすれば、日本の方々は世界に目が向くし、世界の方々は日本に目が向くしと。

しかも公式のコレクションなので、普通のブランドでも権利がないと出たくても出られないんです。

2023年の3月にパリコレで歩いたんですが、そのイベントで主催をしていた方が、ミラノコレクションの権利を持っていてお話をいただき、このプロジェクトを実現することができました。

今回はたまたまミラノコレクションですが、次回はパリコレクションだったり、海外の方々を日本に招待して、日本で大きなファッションショーを開いたりなどいろいろな形でできると思っています。

そういった経験ができる媒体や環境を創るのが楽しいと思っているので、今後はやりたい方々同士が主要メンバーになってプロジェクトを運営していけたら良いなと思っています。

新しいプロジェクトでも根幹は変わりません。これからも自分らしく生きることを体現したいですね。

活動を通して伝えたいことはありますか?

SUZU

それこそ自分らしく生きてください!

別に医療の国家資格を取得したからといって、医療職しかできないなんてことはありません。

私自身が自分らしく生きているのをみなさんに知ってもらって、選択肢が増えてくれたらいいかなって思います。みなさんの人生の一つのきっかけにしてくれたら嬉しいです。

みなさんのやりたいことにチャレンジしたら良いと思います。たしかにきついこともありますが、それも含めて自分らしく生きるってすごく楽しいんですよ。それをみなさんにも知って欲しい。

SUZU 自分らしく

あとは理学療法士は起業に向いていると、個人的に思いますね。理学療法士が患者さまの分析をして目標設定してリハビリ、評価、修正。ビジネスにおいてPDCAを回すことと同じなんですよ。

リハビリもビジネスもそうですが、ある程度予測は立てても結局やってみないとそれが合っているのか間違っているのかわからない部分があると思うんです。

実際にやってみて失敗したら修正すれば良い。それが一番の近道なんじゃないかなと思いますね。

やりたいことをゴールとして明確にし、そのための手段は逆算すればいくらでもあるので、あえてその視野を狭くしたり、縛ったりする必要はないんです。

理学療法士はそういった土台を医療のなかで無意識にできているんです。

あとは行動するだけです。自分らしく行きましょう。

\SUZUさんのインスタグラムはこちら/

 

\SUZUさんのプロフィールはこちら/

 

error: Content is protected !!