【清水 崇弘 / 理学療法士】スタッフとお客さま、お互いがプラスになるように支えたい!

【清水 崇弘 / 理学療法士】スタッフとお客さま、お互いがプラスになるように支えたい!

清水 崇弘(しみず たかひろ)

理学療法士の資格取得後、整形外科病院、大学病院で臨床経験を積む。技術研修での出会いがきっかけで、青山筋膜整体理学BODYへ転職。名古屋店の店長を担い、徐々に店舗を拡大。現在は執行役員として会社運営に携わっている。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

病院勤務から会社の執行役員に至るまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

清水さんFilmを覗いてみましょう。

理学療法士になろうと思ったきっかけを教えてください!

清水 崇弘

医療関連の仕事を勧められたことや、けがでの経験から自分の身体を自分で治療できるようになりたいと思ったことがきっかけです!

高校3年生の進路を決めるときに、やりたいことが決まっていませんでした。

担任の先生に相談をしたところ「医療関連かつ、手に職をつけることができる仕事が良いと」勧められました。

また、学生の頃に体育でバク転の練習をしていたときに、頸椎カラーを付けるほどの首の捻挫をしてしまったんです。

その際に整骨院での施術を受け、整骨院側からは治ったと言われました。

ですが痛みもまだ残っていたので、これで良いのか・・・と疑問に思っていたんです。

そこで身体についての勉強をし、自分の身体を自分で治療したいと思うようになりました。

医療関連の仕事を調べていくなかで、私のやりたいこととも合っているなと感じた理学療法士になりたいと思い、資格取得を目指しました。

現在の事業に至るまでの経緯や内容を教えてください!

清水 崇弘

病院勤務を経験後、現在は整体店舗の運営に携わっています!

もともと痛みを改善させる分野に興味があり、スポーツ整形で働きたいという想いがあったんです。

整形外科病院に勤務しスポーツ整形に携わることができ、イメージしていたとおりの理学療法士になることができました。

しかし、9時から21時まで患者さまを治療した後に勉強会やカルテの記録をおこなっていたので、帰宅するのが23時過ぎというハードな生活を送っていたんです。

当時は大変でしたが、経験値を積むことができて今では良い経験だったと思っています。

整形外科病院に3年半勤務後、管理職をしていた知人に声をかけていただいたことや、私も何か新しいことに挑戦したいという想いから転職を決め、それから2年半地元の山梨にある大学病院で勤務しました。

今の職場へ転職したのは、筋膜マニピュレーションの勉強会で知り合った今の会社の代表に誘っていただいたことがきっかけです。

病院で約6年間臨床経験を積み、7年目のときに今所属している会社で整体店舗の立ち上げと店長を勤めました。

立ち上げ1年後には2店舗目をオープンし、スタッフも増えたので現場はスタッフに任せていて、現在運営側として経営に携わっています。

当初は経営を担当するとは思っておらず、そもそも店舗展開するとも思っていませんでした。

仕事を進めていくうちに、だんだん予約が取りにくい状況になり、多くのお客さまに対応していくためにスタッフを増員し、それに伴い店舗数も増えていきました。

いつか経営をやってみたいと思っていたので、やりたいこともできて非常に仕事が楽しいですね。

私は自由度が低いとストレスを感じやすいので、責任は重くなりましたが、今は自由度が高く働きやすいです。

現在の具体的な事業内容を教えてください!

清水 崇弘

整体とピラティスの事業を展開しています!

整体事業では、全員筋膜へアプローチができる理学療法士が痛みを取ることをコンセプトに事業を展開しています。

自費整体でマンションの1室にベッドを1台設置し、施術をおこないます。

理学療法士が整体事業を展開している会社は業界的にまだ少なく、国家資格を強みに店舗を拡大しています。

とにかくお客さまの痛みをとることを第一に考え、内装やランニングコストに費用をかけないことも私たちの特徴であり強みです。

毎月スタッフへの技術研修会も開催しており、3回以内の通院で痛みをとることを目標に掲げています。

ピラティス事業は、姿勢改善を目標に掲げています。もともとピラティスはリハビリから派生したエクササイズで、理学療法士の知識を生かしやすいんです。

マシンを使ったレッスンをおこなっており、1店舗に2台のマシンと2名のスタッフが常駐し、お客さまには1か月に3〜4回お越しいただいています。

整体での施術直後は症状が改善していたとしても、再び痛みが出てしまうという課題があり、その課題を解決する必要がありました。

そこで、痛みの原因となる運動習慣や姿勢を変えない限り、根本から身体を改善することは難しいと思い、ピラティスの事業も展開しています。

活動に対する想いを教えてください!

清水 崇弘

お客さまの症状を改善させることを第一に考えています!

人の身体に変化を起こしたいです。

私たちのことを信用して来てくださったお客さまに満足していただける結果を出すことで、お客さまに貢献した分、私たちのお給料も増えればお互いにプラスになると思います。

収入を得る方法はたくさんあると思いますし、楽して収入を上げたいと思う方を否定するつもりはありません。

ただ、私たちは臨床家として目の前にいる方を全力でサポートするという想いを根底に持ち、その方の症状を改善するために今後も活動していきたいと考えています。

今後の活動の展望を教えてください!

清水 崇弘

店舗を増やしつつ、スタッフの生活を守りたいと思っています!

今後も店舗数を増やしていきたいです。

清水 崇弘 展望

現在は整体をおこなう店舗が全国に80店舗あり、来年には100店舗を目指しています。ピラティスも3〜4年後には同様の店舗数に増やしていきたいです。

個人的に独立することは考えておらず、今の会社は自分の会社だと思って運営しています。

社会的な地位を求めて独立する方もいるかもしれません。

ですが、私は露出したいわけでもなく、時間や金銭的な余裕が得られれば十分なので、独立の必要性はないと感じています。

またスタッフが150〜200名近く在籍しているので、スタッフの人生を守っていく責任があるんです。

私たちから声を掛けて一緒に働いてもらっているのにも関わらず、誘った私が会社を辞めるような無責任なことはできません。

今後もスタッフ全員がより良い生活を送れるように組織づくりを進めていきます。

THERA- FILを通して伝えたいことはありますか?

清水 崇弘

自分の進みたい道を見極めましょう!

私も病院勤務をしているときに、さまざまな理由で悩むことがありました。

悩みを解決するためにも自己分析が重要です。仕事面でどうなりたいか、一個人としてどのような人生を送りたいのかはそれぞれ違うと思います。

この2つの軸を明確にできていない方が多いように感じています。

まずはセラピストとして収入を増やしたいのか、そうではないのかといった自分の価値観を理解することが重要だと思います。

私の場合は、臨床も好きでその対価として収入を増やしたいという考えに至りました。

ただ臨床で仕事をしながら、どのように収入をあげていくべきなのかが分からなかったんです。

そこでその疑問をすでに解決されている方に会いに行きました。上手くいっている方がどのような行動を選択してきたのかを聞けたことはとても良かったですし、さまざまな気付きを得ることができたんです。

自分がどうなりたいかを決め、理想に近い方に会いに行く。それによって次第にやるべきことが明確になり、前に進んでいけるのではないでしょうか。

一歩踏み出してみてください。応援しています。

error: Content is protected !!