【隅井 太亮 / 理学療法士】理学療法士の地位を高め、地域で活動できる環境を創りたい!

【隅井 太亮 / 理学療法士】理学療法士の地位を高め、地域で活動できる環境を創りたい!

隅井 太亮(すみい たいすけ)

理学療法士の資格取得後、急性期病院に勤務。病院内外で転倒予防に関する講演会を実施。企業と共同での活動や、自身のインスタグラム経由でオンラインコミュニティを運営。病院外でもセラピストが活躍できる場を提供できるように定期的にセミナーを開催するなど活動の幅を増やしている。

THERA-FIL

セラピスト取材メディア『THERA-FIL』は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすために、病院以外で本当の健康を届けるために活躍しているセラピスト(Therapist)を1つの記事(Film)として取り上げています。

THERA-FILって何のメディア?
THERA-FIL

理学療法士から地域活動、オンラインコミュニティ運営などに至るまでにどのようなストーリーがあったのでしょうか。

隅井さんFilmを覗いてみましょう。

理学療法士になろうと思ったきっかけを教えてください!

隅井 太亮

中学時代のバスケットボールでのケガがきっかけです!

セラピストを目指すきっかけとしてはよくある理由ですが、中学最後のバスケの大会で足首をケガしてしまいました。

そのときリハビリで担当してくださった理学療法士との出会いが進路を決めた大きな理由です。

当時は最後の試合ということでとても悔しかったですが、リハビリのなかで私の話を聞いてくださりました。

先生自身も野球のチームに帯同したいという夢を語ってくれて、いろいろな話をうかがってリハビリの時間が楽しかったことが強く印象に残っていました。

高校生になり本格的に進路を決める際に、担任の先生から理学療法士を目指すことを反対されたんです。

今後高齢者が増えることで、理学療法士が介護士みたいになるかもしれないというマイナスなことを言われました。

しかし私自身は、中学時代の理学療法士の先生のイメージが強かったので、ネガティブになることはなく、理学療法士の大学に進学しました。

大学へ進学した当初はなんとなく理学療法士になりたいなと思っていましたが、大学在学中の勉強が非常におもしろく、どんどんハマっていったんです。

実際に現場に出てみてどうでしたか?

隅井 太亮

学生時代に調べていたことが転倒予防につながりました!

私は学生時代に、動物のリハビリにとても興味を持っていました。

同級生は、整形外科や脳卒中のリハビリといった理学療法士ならではの分野を中心に勉強していました。

しかし私は、偶然知った動物に対するリハビリについて関心があり、動物の骨格や歩き方について調べていたんです。

学生のときに調べていた動物のことが現場に出てつながった瞬間がありました。それが転倒予防だったんです。

なぜ人間は2足歩行で歩くのか、直立二足歩行の動物と四足歩行の動物との間にある相違点に転倒という問題が起きる鍵があるのではないかと気づきました。

その気づきがのおかげで、転倒予防の知識として生かせるようになりました。

現在の活動を始めるきっかけを教えてください!

隅井 太亮

転倒予防教室のリーダーを担当したことが最初のきっかけでした!

動物のリハビリに関する分野以外では、脳に興味を持っていたので、2012年に脳卒中分野に強い急性期の病院に就職し、現在も働いています。

隅井 太亮 活動

勤務4年目のときに、地域向けの転倒予防教室のリーダーを任されたんです。

持ち回りで毎年院内の誰かがリーダーを1年間担当していたのですが、担当が終わった後に毎年同じような内容でつまらないと感じました。

それから、転倒予防教室のリーダーをもう1年やらせてくださいと上司に進言したんです。

今後はもっとおもしろいものにしたいと思い、パンフレットの作成や個別評価の実施、参加特典をつけるなどの工夫を凝らした結果、次第に内容も良くなっていきました。

転倒予防に関する活動を継続して2年目に、患者安全推進ジャーナルで医療安全の記事依頼があったので引き受けました。

また、病院の地域向けの転倒予防のサロンも担当することになったんです。

県の理学療法士会関連の活動にも呼んでいただけるようになり、転倒予防教室をきっかけにさまざまなところからお声がかかるようになりました

この頃から、転倒予防を専門にできていると自信が持てるようになりました。介護予防認定理学療法士の資格を取得したのもこの頃ですね。

現在の活動について教えてください!

隅井 太亮

インスタでつながった方とのオンラインコミュニティの運営と予防セミナーに取り組んでいます!

初めて転倒予防教室のリーダーになってから数年間活動しましたが、どこか物足りなさも感じていました。

そこで新たな活動の一環として、インスタグラムを始めたんです。

私は資料作成や何か物事を調べてまとめる作業が割と得意で、インスタグラムは自身の投稿が綺麗に配置されるので備忘録として見返すために運用しています。

インスタグラム経由で、企業の方から専門職限定動画配信の講師としての依頼など少しずつお声がかかるようになり、介護予防事業の専門職アドバイザーとして活動していました。

地域での活動として、転倒予防の知識や経験をセミナーや交流会などの場で多くの方に伝えています。

隅井 太亮 大学生

また、インスタグラムやブログでつながった方とオンラインコミュニティを運営しており、毎月2回の交流会と予防セミナーをおこなっています。

活動を通して、地域で活動したいセラピストの後押しができるような存在になりたいんです。

ほとんどの方が病院や施設で働いているのが現状ですが、理学療法士の技術や評価は社会に出ても応用が利くと思っています。

現場外での活動を広めたり、理学療法士自体の認知度を上げたいという想いで活動中です。

今後の目標を教えてください!

隅井 太亮

理学療法士としての自分がどこまでできるか突き止めたい!

私自身が理学療法士という仕事が好きで、理学療法士というものの価値を高めたいと思っています。

しかし、世間では理学療法士のことを知らない方が意外と多いんです。

理学療法士は何ができるのか、どのような職業なのかを知ってもらい、認知度を上げたいという想いがあります。

隅井 太亮 理学療法士

また理学療法士が病院外で何かやってみたいなと思ったときに、すぐに活動できる場を創りたいなと思っています。

インスタグラムで、大手旅行会社の方とつながる機会がありました。

その方は過去に大きなケガでリハビリを受けたことをきっかけに、理学療法士と何か事業をしたいと考えていたそうです。

そのタイミングで声をかけていただいたことをきっかけに一緒に事業を企画することもできました。

今後はそんな経験も経て、ビジネス視点でも形にしていきたいです。

今後事業ができて形になったときに、理学療法士がすぐに参入できるようにしたいなと考えています。

また、地域活動や企業と協力してしていきたいです。

インスタグラムを通して転倒予防に興味を持ってくださる方が増えたらいいなと思っているので、その広報活動は今後も継続しておこなっていきます。

THERA-FILを通して伝えたいことはありますか?

隅井 太亮

広い視野を持って活動してほしいです!

もしかすると、私が現在おこなっている病院外での活動は5年後や10年後には当たり前になっているかもしれません。

今は理学療法士が病院へ就職するのが当たり前という風潮があります。理学療法士をはじめとするセラピストの方々には、できるだけいろいろな視点を持ってほしいと思っています。

病院で勤務をして患者さまを治療することも大事な仕事ですが、病院勤務がすべてではありません。

理学療法士自体の個の力は、誰にでも提供できる能力なんです。

あまり治すことだけにこだわらず広い視点で活動をするということも頭の片隅において活動していれば、もっと活動の幅が広がるのではないかと思っています。

自分の可能性を自分で狭めずに、視野を広く持っていろいろなことに行動していただきたいです。

隅井 太亮 インスタ

 

error: Content is protected !!